体の中を健康にする水素水とは|選び方と効果を知ろう

夫婦

様々な症状と注意点

足元

冷え性のタイプはたくさんあります。一番多いのが手足の先端が冷えるタイプの冷え性です。比較的若い女性に多く見られる症状です。ストレスやダイエットなどにより自律神経のバランスが悪くなって起こります。血行が悪くなっていることも原因とみられ血液が末端まで行き渡らないために手足の先端が冷えると考えられています。二つ目は下半身が冷えるタイプの冷え性です。腰から下が冷え、むくみや肥満の原因になります。このようなタイプの冷え性には、血液循環やリンパの流れをよくすることが効果的です。おなかのへそのあたりが冷えるタイプの冷え性もあります。中年女性や中高年の男性に多いタイプです。下腹部に脂肪が蓄積して血液の循環が悪くなり、それが原因で体温調節がうまくいかないことで起こる冷え症です。他にも、筋肉量が少ないことで起こる冷え性などもあります。

冷え性を招かないための注意点としては、エアコンで室内の温度を過度に下げないことがあります。夏場は冷えた部屋の方が気持ちが良いのも事実ですが、あまり温度差がある場所を行き来すると体温調節機能に障害が生じ自律神経の乱れにつながります。そのため、汗をかいて体温を下げたいときに下がらず、血管を収縮させて寒さから身を守ることもできなくなってしまいます。夏場は気温が高いためどうしても冷たい食べ物や飲み物が欲しくなってしまいますが、あまり冷たいものを取りすぎると腸が冷えてしまい冷え性の原因になってしまいます。夏野菜も体温を下げる効果があるため食べ過ぎに注意し、ショウガやネギ、根菜類などの体を温める効果のあるものを積極的にとるようにし、冷え性にならないように気をつけましょう。